お知らせ

臨時休館と令和2年度の行事予定についてのおしらせ  《4月2日(木)更新掲載》

  当館は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ観点から、当面の間臨時休館としております。また、令和2年4月以降の行事につきましての開催の可否につきましても、現在未定となっております。

 開館予定および行事開催の可否につきましては、あらためてお知らせいたします。
 当館の展示を楽しみにして下さっている皆様には申し訳ありませんが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。
 また、臨時休館中、御城印の頒布、日本城郭協会「続日本100名城」スタンプラリーのスタンプの押印はできません。ご了承ください

◆4月1日(水)令和2年歴史講座1「武家政権の成立」について記事を更新しましたが、新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、中止になる可能性があります。開催可否が決まり次第ホームページでお知らせします。

〇 3月14日(土)の館跡ガイドツアー3月19日(木)の歴史講座2などの催し物も全て中止させていただきます。ご了承ください。


 

新着情報

◆4月1日(水)令和2年歴史講座1「武家政権の成立」について記事を更新しましたが、新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、中止になる可能性があります。開催可否が決まり次第ホームページでお知らせします。
 
◆3月13日(金) トップページに掲載した臨時休館情報を更新しました。
 
◆新型コロナウイルス感染防止のため、2月29日(土)から3月16日(月)まで休館いたします。
その後の予定につきましては、あらためてお知らせいたします。
当館の展示を楽しみにして下さっている皆様には申し訳ありませんが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。
また、臨時休館中、御城印の頒布、日本城郭協会「続日本100名城」スタンプラリーのスタンプの押印はできません。ご了承ください。

歴史講座2「うつわから見た中世のくらし大転換」は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、第2回(3月6日)・第3回(3月19日)両日とも中止になりました。

3月14日(土)に開催を予定していました「館跡ガイドツアー」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。 

◆3月24日館跡花だよりを更新しました。
 
◆2月26日ホームページのシステム変更によりURLがhttps://ranzanshiseki.spec.ed.jpに変 
 更になりました。従来のURLでアクセスしてもリダイレクト設定をかけているのでアクセス 
 できますが、 URLを新規登録する機会がございましたら、最新のURLをご利用ください。

◆2月21日(金)スポット展「中世のくらし1」オープンしました。
◆2月21日(金)ロビー展示「瀧嶋浩二童画展」オープンしました。

◆第91回文化財めぐり「上杉・武田・北条の攻防跡・松山城を訪ねる」2月1日(土)終了しました。

 

◆11月30日(土)
御登城(御来館)記念「菅谷城 登城印」頒布を開始しました。(頒布価格200円)
頒布枚数はお一人様1枚までとさせていただきます。また、御来館記念の登城印ですので通信販売は行いません。どうぞご了承ください。



《以下、ダイジェスト掲載》
◆4月1日(月) 平成31年度の催し物案内を掲載しました。
 

 
続日本100名城スタンプラリーの実施について

 当博物館の建つ国指定史跡「菅谷館跡」は、日本城郭協会より、「続日本100名城」に認定されました。そして、同協会の主催により、平成30年(2018)4月6日(城の日)から、続日本100名城スタンプラリーを開始しています。
 菅谷館のスタンプは、博物館の展示室受付に設置しています。
 入館時間(=捺印できる時間)は、9:00~16:30(入館は16:00まで)です。
   ただし、7月1日~8月31日は、9:00~17:00(入館は16:30まで)です。

◆新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ観点から、2月29日(土)から臨時休館いたします。
臨時休館中、「続日本100名城」スタンプラリーのスタンプの押印はできません。ご了承ください。
3月16日以降の予定は、今後の状況を踏まえ予告なしに変更させていただく場合がございます。

 
月曜日、12月29日~1月3日、企画展の会期前後[今年度は、令和元年11月26日(火)~同29日(金)、令和2年2月18日(火)~同20日(木)など博物館の休館日は、捺印できませんので、ご注意ください。

 ※ スタンプ帳つきの公式ガイドブック 『続日本100名城 公式ガイドブック』(日本城郭協会監修:本体価格1600円)は、書店で、2018年1月12日より販売しています。当館内では販売しておりません。

お知らせ
歩きながらスマートフォンを操作する「歩きスマホ」は、大変危険です。
また、館跡内の立入禁止の場所(土塁・堀)には入らないでください
菅谷館内の砂利道は公道(= 嵐山町道)であり、駐車・停車できません。
皆様の、御理解・御協力をお願いします。
コバトン

関連リンク  サイトマップ   
(c)Copyright 2016 Saitama Prefectural Ranzan Historical Museum . All Rights Reserved.