交通案内
◆ 電車
東武東上線 武蔵嵐山駅下車 徒歩15分
駅から当館行きのバスはありません。駅前のタクシーをご利用ください。
武蔵嵐山駅からの地図
 
 
◆ 自動車
【関越自動車道東松山I.C.より】国道254号線を小川方面へ約10分
 〇国道254号線から来館される際の目安について
東京方面からお越しの際は「国立女性教育会館」(ヌエック)の交差点を通過しますと、青地に白の「左折直進・直進・右折」の道路標識が見えますので、左車線を走行して「←埼玉県立嵐山史跡の博物館・←史跡菅谷館」の案内板をご確認ください。館の入口はこの案内板の直下を左折となりますので、案内板をご確認になりましたら、十分に減速して安全にご入場ください。
※「国立女性教育会館」の信号を通過しましたら、左車線をゆとりある速度で走行し、青地に白の「左折直進・直進・右折」の標識をご確認ください。 まもなく白地に青で「←埼玉県立嵐山史跡の博物館・←史跡菅谷館」と記された案内看板があり、この案内看板の直下が当館の入口となります。
※当館の入口は看板のすぐ真下を左折となります。
 
 【関越自動車道嵐山・小川I.C.より】国道254号線を東松山方面へ約10分
※国道254号には中央分離帯があり、直接右折では入れませんのでご注意ください。
 
※ 観光バスなど大型バスでお越しの場合は、駐車場確保の関係から、必ず事前にご連絡ください。
 
 
 
 

 地図
休館日
・ 月曜日(祝日および5月1日・2日、埼玉県民の日11月14日を除く)
・ 年末年始 12月29日~1月3日

<おしらせ>
緊急事態宣言の延長に伴い、休館期間を令和3年3月7日(日)まで延長いたします。
〇期間は、今後の感染状況に応じて変更になる可能性があります。
〇詳細については今後ホームページ等でお知らせしますので、御確認ください。
 
〇令和2年度臨時休館(企画展関連)
・企画展「戦国の比企 境目の城」飾り付け作業のための休館
    ・・・令和2年12月1日(火)~12月4日(金)
・常設展示への復旧作業のための休館 
            ・・・緊急事態宣言の延長に伴い、常設展示への復旧は未定です。
 * なお、2件とも前日の月曜日は平常の休館日です。ご注意ください。
    
開館時間
・ 午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
  ※ 7月1日~8月31日は、午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
 

19人以下(通常料金)

20人以上(団体料金)

一般

100円

60円

高校生・学生

50円

30円

※ 中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付き添いの方1名を含む)は無料です。 
※ 平成25年7月1日より65歳以上の方は有料となっております。 

◯ 学校教育課程等で当館の展示館を見学または体験学習を行う場合の観覧料等減額(免除)申請はこちら
年間観覧券(年間共通パス)

一般1200円、高校生・学生600円

   当館展示室受付で販売しています。

   ご購入当日から1年間、何回でも観覧できます。

   当館および埼玉県立さきたま史跡の博物館(埼玉県行田市大字埼玉4834に所在)で利用いただけます。 
   ご本人のみ有効です。

新型コロナウィルス感染拡大防止のための展示解説・館跡案内の中止について
 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、令和2年度ににつきましては、展示解説および館跡案内を中止しております。来年度以降、再開の見通しが立ちました際にはあらためて本ホームページでお知らせいたします。
お申し込み・お問い合わせ先
埼玉県立嵐山史跡の博物館
住所:〒355-0221  埼玉県比企郡嵐山町大字菅谷757
(1)観覧料等減額(免除)申請について
    → 総務担当へ  電話:0493-62-5896  FAX:0493-61-1060
                                   e-mail:s625896@pref.saitama.lg.jp
(2)展示解説等の申し込み、展示・催し物の内容照会、資料の特別利用・館外貸出について
    → 学芸担当へ  電話:0493-62-5896  FAX:0493-61-1060
                                   e-mail:s625896@pref.saitama.lg.jp